フード、ドリンク、ブランド、ファッション、AV、家電、美容、コスメ、ダイエット商品、健康商品、生活雑貨、ホビー、スポーツ用品

スポンサードリンク

2009年08月26日

海外旅行保険の選び方のポイント

海外旅行保険には、
有名な所ではAIU、損保ジャパン、
三井住友海上、HIS海外旅行保険があります。

また旅行のツアーが勧める保険会社や、
クレジットカード付帯のものまであります。




海外旅行保険を決めるときは
保険料だけでは決められません。

いざとなったとき対応してくれないと意味がないです。

そこで海外旅行保険を決めるときのポイントをまとめてみました。




海外旅行保険を決めるポイント1:治療費、救急費に補償の大きさ。

自己負担は0円で無制限に補償なのか、
いくらまで払って貰えるのか。




海外旅行保険を決めるポイント2:治療費の支払い方法

一旦、自分で立て替えないと行けない場合は、
高額なとき大変です。

「キャッシュレス・メディカルサービス」なら、
自己負担の必要がありません。
保険会社から直接、病院へ支払われます。




海外旅行保険を決めるポイント3:サポートサービス

24時間、365日、日本語対応。

自宅から空港までも適用、出発前も適用。

病気、怪我以外に、パスポートを無くしたとき、事故にあったとき、
物が盗まれたとき、スーツケースが壊れたときなどもサポート。

三井住友海上の海外旅行保険は補償が細かいです。
交通事故、スポーツ中の事故、
風邪、盲腸などの病気、
事故や病気による長期入院、
入院時に、ご家族が現地に赴いたときの費用、
旅行中に盗難になったときの補償、
旅行中に賠償金を負ったときの補償、
2日以上の入院での一時金のお支払い、
航空会社から手荷物の到着が遅れ、
身の回り品を購入したときの補償、
航空機が遅れたときの宿泊代、食事等の補償
など、いろいろな病気、怪我に対応しています。




海外旅行保険を決めるポイント4:料金

1日から設定できる。

細かい設定が出来、価格を抑えられる。

インターネットからの申し込み割引がきく。

出発当日でも予約が出来る。

コンビニ、クレジットカード、ATM、
ネットバンキングから入金できる。




また空港からでも海外旅行保険に加入する事は出来ますが、

自宅を出てから空港までは保険の適用外となります。

プランが選べない事もあります。

空港によっては加入自動販売機が無いところもあります。

ゴールデンウィークや年末などピーク時期は
空港のカウンターが混雑するおそれがあります。

ですので、海外旅行保険の契約は、
自宅のパソコンから落ち着いて選び、
無駄のない安いプランをお選び下さい。

posted by 海外旅行・比較 at 18:36| ●選び方のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AIU海外旅行保険

AIUの海外旅行保険なら、
出発当日まで加入できます。

入金方法は、
コンビニ、クレジットカード、ATM、
ネットバンキングから。




AIUの海外旅行保険なら、24時間日本語で対応。

世界130の国や地域の拠点でサポート。

AIUの海外旅行保険なら、自己負担は0円。

また海外だけではなく、出発前の病気や怪我にも対応。




AIUの海外旅行保険の加入者すると、
トラベルカルテと、Travelers Doctorが貰えます。

トラベルカルテは、

必要事項を記入して、医師に診せるだけ。

過去の病気や、アレルギーの有無、服用している薬を、
英語が判らない人でも伝えることが出来ます。

Travelers Doctorとは、
海外旅行中の病気に対する疑問、
不安などをテーマにした本。

病気にならないためのコツ、
病気になったときの対処法が書かれています。




海外旅行保険の選び方。

ポイント1:治療費、救急費に補償の大きさ。

AIUの海外旅行保険なら、自己負担は0円。

ポイント2:治療費の支払い方法

高額の治療費などの立て替えは大変負担になります。

「キャッシュレス・メディカルサービス」なら、
自己負担の必要がありません。
保険会社から直接、病院へ支払われます。

AIUの海外旅行保険なら、米国を中心に世界40万以上の病院で
「キャッシュレス・メディカルサービス」が利用可能。

ポイント3:サポートサービス

パスポートを無くしたとき、事故にあったとき、
言葉がわからない旅先では不安。

AIUの海外旅行保険なら、24時間、年中無休で、
日本語で対応してくれます。

posted by 海外旅行・比較 at 18:35| ●AIU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

損保ジャパン海外旅行保険

損保ジャパンは、海外旅行保険以外にも
自動車、医療、介護、火災などを取りそろえ、
パンダの格好をした上戸彩のCMでもおなじみです。

損保ジャパンは、

行き先や1日刻みの設定が可能なので、安く抑えることが出来ます。

キャッシュレス・メディカルサービス、
24時間、日本語対応。




損保ジャパンの海外旅行保険の特長は

損保ジャパンは、必要な補償、日数だけでいいので、
保険料を安く抑える事ができる。
損保ジャパンは、インターネットでカンタンに契約できる。
損保ジャパンは、夫婦、家族の補償も一緒に契約できる。

インターネットで最大40オフ。

posted by 海外旅行・比較 at 18:33| ●損保ジャパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井住友海上・海外旅行保険

三井住友海上の海外旅行保険の
インターネットで申し込み時の
「ネットde保険@とらべる」なら、約45%オフ。

また三井住友海上の海外旅行保険なら、
リピーター割引として5%の割引があります。

リピーター割引の条件は、
「ネットde保険@とらべる」で2006年4月以後、
インターネットで加入した人。

前回の満期日から、今回の申し込み日が2年以内である事。

条件を満たしていれば、
三井住友海上の海外旅行保険の
リピーター割引が適用されます。




三井住友海上の海外旅行保険なら、
24時間日本語で対応サービス。

キャッシュレス・メディカルサービスで、
お金無しで治療が受けれるます。




三井住友海上の海外旅行保険は、
旅先での怪我やトラブルを強力ガード。

交通事故、スポーツ中の事故、
風邪、盲腸などの病気、
事故や病気による長期入院、
入院時に、ご家族が現地に赴いたときの費用、
旅行中に盗難になったときの補償、
旅行中に賠償金を負ったときの補償、
2日以上の入院での一時金のお支払い、
航空会社から手荷物の到着が遅れ、
身の回り品を購入したときの補償、
航空機が遅れたときの宿泊代、食事等の補償
など、いろいろな病気、怪我に対応しています。

posted by 海外旅行・比較 at 18:32| ●三井住友海上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HIS海外旅行保険

HIS海外旅行保険に保険に加入すると、心強いメリットが。

アクシデント発生時には、HISが窓口となって、
現地との連絡等を円滑に対処できるため、お客様の負担も軽減。

現地ネットワークが充実しているため、
ご家族への連絡や病院での手続きなどスムーズに対処できます。




空港でもHIS海外旅行保険に加入する事は出来ますが、
注意点があります。

自宅を出てから空港までは保険の適用外となります。

空港によっては加入自動販売機が無いところもあります。

ゴールデンウィークや年末などピーク時期は
空港のカウンターが混雑するおそれがあります。




HIS海外旅行保険を事前に加入するメリットは、
・プランが選べる。
・セットプラン以外のフリープランにも加入できる。
・ご自宅〜空港間の行程も保険でカバーできる。
・インターネットならご出発当日でも簡単に加入できる。

と言うことで海外旅行保険の契約は、
自宅のパソコンから落ち着いて選び、
無駄のない安いプランをお選び下さい。

出発当日でも契約は可能です。




HIS海外旅行保険の特長。

1日単位で設定が可能なので、料金を抑えた設定が出来ます。
旅行期間に応じたきめ細かな保険料設定があります。
治療・救援費用「無制限」プランもあります。
?
24時間365日、日本語で対応。130の国に対応。

キャッシュレス・メディカルサービスでは、
ケガや病気の際は、キャッシュレスで治療が受けられます。

便利な3つの支払方法。
クレジットカード、コンビニ払い、Pay-easy(ネットバンキング・銀行ATM)。

またHIS海外旅行保険では、

日本初「既往症・持病」についても補償。
「既往症・持病」についても応急治療費用等を補償する特約を、
保険期間31日までの全プランにセット(300万円限度)。

posted by 海外旅行・比較 at 18:31| ●HIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレジットカードの海外旅行保険

海外旅行保険付帯のクレジットカードは、
カード会社により補償内容や対応方法が異なります

カード会社によっては、以下の事に注意しないと行けないことがあります。

旅行代金を、クレジットカードで支払わないと、保険が適用されない場合がある。
一旦、自分で支払い、後で戻ってくる。




クレジットカードで、海外旅行保険サービスがいいのは、ENEOSカード。

ENEOSとは、もちろん新日本石油のこと。

ENEOSのクレジットカードは、年会費無料です。

VISAかMasterCardが付いているので、
通常のクレジットカードとして買い物が出来ます。




ENEOSのクレジットカードの、海外旅行傷害保険サービスは、以下の通り。

傷害による死亡・・・2000万
傷害による後遺障害・・・2000万円〜60万円
傷害・疾病による治療費用・・・200万円
救援者費用・・・200万円
賠償責任・・・2000万円
携行品損害・・・合計最大20万円

無料のクレジットカードで、これだけの海外旅行傷害保険が付いてきます。
有料のクレジットカードでも、ここまでの海外旅行傷害保険はありません。




更にENEOSのクレジットカードの凄いのは、
ガソリンがリッターあたり2円引き。

ロードサービスが付いてきます。

また新規加入時にはガソリン1000円分が貰えます。




つまりENEOSのクレジットカードの凄いのは、

クレジットカードで通常にお買い物が出来て、

日本ではガソリンが2円/L引き、

自動車保険なみのロードサービスが付き、
(レッカー車による移動→10kmまで無料)
(路上における修理→30分まで無料)

海外では海外旅行保険なみの補償が付きます。

年会費無料なので、持っていても無駄にはならないでしょう。







更に楽天のクレジットカードの海外旅行傷害保険もお得です。

(傷害)死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携帯品損害 最高20万円(免責金額3,000円)
救援者費用 最高200万円

もちろん年会費無料です。

クレジットカードで通常のお買い物が出来ます。

楽天市場でお買い物をしたときは、通常1%のポイントが付きますが、
楽天のクレジットカードを使うと、2倍の2%が付きます。

最初のクレジットカード加入時には、2000ポイントが付加します。

たまったポイントは楽天から好きな商品が買えます。
1ポイントからの利用が可能です。



posted by 海外旅行・比較 at 18:30| ●クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。